Books|書評

[書評]ズルいほど幸運を引き寄せる 手帳の魔力(春明力)[レビュー]

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは。
「ひよこ夫婦」管理人のひよです。

初めましての方はこちらからどうぞ♪

来年は宮本佳実さんの「ワークライフスタイル手帳」♡

早いもので11月。
2017年の足音も聞こえてきて、書店では来年の手帳が大売り出しの時期ですね。

実は私はここ3,4年、紙の「手帳」を使っていません。

大学生の頃は手帳が大好きで、どちらかというと「ぎっしり予定が詰まった手帳」が好きでした。

社会人になってからは、すっかりオンラインで予定を管理するようになってしまい、
仕事の予定からプライベートの予定までGoogleカレンダーで管理しています。

Googleカレンダーでは主人とカレンダーを共有しており、それぞれの予定と夫婦共通の予定を一覧できるようにしてあります。

なので、なかなか手帳の出番がありませんでした。

そんな私がなぜ「手帳」と冠した本を手に取ったのかというと、
2017年の手帳が手元に来ることが決まったからです。

宮本佳実さんのコミュニティである「クラブヨシミスト」の会員に、宮本佳実さんプロデュースの「2017年ワークスタイル手帳」がプレゼントされることになったんです!

関連記事

既に10月末時点で、2017年分の、2000部のワークスタイル手帳は完売状態で、再販は未定とのこと。
クラブ会員には2色の装丁のアンケートを取ってくださったので、数週間後に、私のもとにはグレイッシュピンクの手帳が届く予定で、今からとても楽しみにしています♪

「ズルいほど幸運を引き寄せる 手帳の魔力」春明力


この本では「手帳と対話する」「手帳を大好きな予定でいっぱいにする」ということにより、
理想の毎日が手に入ると謳っています。

まずはビジョンを描く、夢を描くというのが大事で、夢を見つけるためのステップなどが解説されています。

その上で、人は「夢と行動を天秤にかけている」。

多くの人は、夢を楽して手に入れたいと思っているから行動しない。
それは夢よりも、行動の重さが重いと感じているから。
逆に、夢を明確に、重要視して(重みを)イメージできれば、人は行動することが出来る。

そして、手帳が他のノートやワークブックと違うのは「過去」「現在」「未来」という時間の流れがあること。

例えば「嫌な上司と飲み会」という予定が未来にあるとしたら、
「予定のための予定」として「嫌な上司からでも(羨ましいことなどがあれば)学び取りたいことを考える」という時間をとる。

このようなノウハウを見て、この本で伝えられていることは「手帳という切り口を活用した引き寄せノート術」だと思いました。

正直。この本一冊を読んだだけでは、抽象的な表現も多いのでしっくりこないポイントも多いと思います。
引き寄せの法則や、宮本佳実さんを始めとするポジティブな女性起業家さんのマインドに日々触れている人だと、よりこの本の内容を咀嚼できると感じました。

89世代のブロガー・Webエンジニア。
ディズニー好き夫婦。
自由なワークライフスタイルを目指して奮闘中。
このブログでは、ディズニー関連の記事や、起業スタイルなどについて書いています。

-Books|書評 の記事一覧

スポンサーリンク

Copyright© ひよこ夫婦 , 2017 AllRights Reserved.