萩中ユウさん、阪口ユウキさんのように夫婦で働くスタイル

夫婦♡パートナーシップ

[理想のワークスタイル♡]夫婦で働く未来を描く♡[ノマドワーカー]

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは。
世界のディズニーライターを目指すブロガー♡ひよです。

初めましての方はこちらからどうぞ♪

理想のワークスタイル

先日、すごく素敵な1日を過ごすことができました。

現在、私も主人もフルタイム正社員の会社勤めをしていますが、
主人はweb関連の技術職なので、一定の基準までは自宅からリモートワークが許可されています。
私がお休みの日に、朝、主人が珍しく自宅からリモートワークをする!といってくれました。

私は終日ブログの執筆をしたり、今度開催する「はじめての不動産投資♡女子会」の企画準備をしていて、主人は自宅から会社の仕事。

朝は慌てて出社することもなく、
午前は自宅のリビングで向き合ってそれぞれの作業。

お昼ごはんどうする?と話しながら、作業のキリが良かった主人が牛丼を作ってくれました。
2人で録画していた短時間のテレビを見ながらお昼を食べて、私が洗い物などの家事。

午後は再び、自宅のリビングでお互いPCに向き合って作業。

15時すぎに主人が突然、

「普段できないことをしよう!」

というので、なあに?と聞くと、

「15時のおやつだよ!」

と言って、家のすぐ近くのお茶処に2人でソフトクリームを買いに行きました。

少し外の空気を吸ってリフレッシュしたところで、続きの仕事を18時くらいまで。

晩ごはんはどうする?と話した結果、新しい家電の電気圧力鍋を使って豚の角煮を作ることに。
また2人で近所のスーパーにお出かけして、豚肉や野菜を調達。

晩ごはんはお互いが1品ずつ作って、晩ごはん後は仕事を終えてリラックスタイム。

「夫婦で働く」のは新しい事じゃない

これが先日本当にあった1日なのですが、私たちの理想の未来の形の1つが、現実になった日だったかな、と思っています。

夫婦で同じ家にいて、それぞれがPCに向き合って作業をして仕事をする。

場合によっては、同じ仕事について進めるのもいいですね。
夫婦での共催セミナーや勉強会、web関連、不動産投資に関することなど・・・。

場所は家に限らず、ノマドワーカーのように、お気に入りのカフェやラウンジに行くのも素敵♡

「夫婦で働く」というのは、私自身、最初はすごく違和感のある言葉でした。

私の両親がそうだったように、旦那さんは会社に勤めて、奥さんは専業主婦もしくはパート勤め。あるいは共働きの正社員。

そんな働き方が「普通」だと思っていたから。

ですが、立ち返ってみれば、50年ちょっと前の大多数の一般人は、農作業を夫婦で行っていたり、
旦那さんが漁師で、奥さんが関連の食材を調理して販売したり・・・、
「夫婦で働く」のって「普通」だったんじゃないでしょうか。

今は情報通信産業(いわゆるweb関連、インターネット関連)といった新しいビジネスも生まれていて、産業の分類は違えど、それぞれが個別に仕事を持ちつつ、物理的に一緒に働くことが可能です。

web以外にも、株やFXの投資家さんも自宅で働けるスタイルですよね。

既に、以前このブログでもご紹介したパワートラベラーの阪口ユウキさんご夫妻や、
(株)charmonet. 代表取締役で愛妻コンサルタントの萩中ユウさんご夫妻は、こういった働き方を実現されていらっしゃいます。

関連記事

すべての夫婦にしっくりくるスタイルでは無いかもしれませんが、
私は主人と一緒に働く未来を実現したい。

夫婦で一緒に不動産投資の世界に踏み出して以来、私たち夫婦の強みは本当に正反対だと実感していて、「2人で居れば最強だね!」なんて言っています。

私が苦手な計算や、細かな契約は主人が。

主人が苦手な情報発信や、人との交流による情報収集は私が。

尊敬する宮本佳実さんも「まずは理想の生き方(働き方)のビジョンから」といつも仰っているので、また一つ文章にしてみました。

関連記事

私の理想のビジネスパートナーは主人です。
ほんとうに「2人でいれば最強」になりたいものです。

2人で素敵な未来を歩んでいけますように♡

スポンサーリンク

-夫婦♡パートナーシップ

Copyright© ひよこ夫婦 , 2017 AllRights Reserved.