アニヴェルセルみなとみらい横浜

不動産投資♡

[将来設計]ひよこ夫婦の不動産投資との出会い[マネープラン]

投稿日:2016年10月21日 更新日:

スポンサーリンク

こんにちは。
世界のディズニーライターを目指すブロガー♡ひよです。

初めましての方はこちらからどうぞ♪

私の夢とライフスタイルは?

最近、このブログの自己紹介ページを加筆しました。

今までの自己紹介に加えて、「私の夢とライフスタイル」という項目を設けて、
僭越ながら、私自身の夢と理想の働き方、ライフスタイル全般について少し書かせていただいています。

このブログについて♡自己紹介

このブログを立ち上げて約2ヶ月、今までは、

アニヴェルセルみなとみらい横浜での結婚式に向けた準備、
フロリダディズニーへのハネムーンの準備、
そして、趣味である東京ディズニーリゾートについての記事を中心に更新をしてきました。

ですが、最近少しずつ「生活」「仕事」「お金」「ライフスタイル」といったワードが、ブログの中に増えて来ていることにお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

そして、上記の自己紹介にも、今まで書かなかったワードをサラッと書いてみました。

不動産投資家を目指して勉強中

「不動産投資」

この言葉に馴染みのある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

実は、自己紹介にも書いたとおり、私たち夫婦は不動産投資家を目指して勉強中です。

現在、一棟目の物件の売買契約は既に結んでおり、銀行からの融資が降りさえすれば、年明けに一棟アパートを取得する予定です。

といっても、馴染みのない方にとっては、よくわからない話かと思います。
かくいう私も、ほんの1年半ほど前まで「不動産投資」という言葉すら聞き覚えが無い世界で生きてきました。

投資?ギャンブル?融資?借金?

当時の私からすると、怪しい印象のオンパレードです。

ですが今後、
ヨシミストの会やその他勉強会、セミナーなどできっとお話する機会が増えてくると思いますので、思い切ってこれからは、不動産投資に関する話もブログで書いていこうと思います。

それによって、今後このブログや勉強会を通じて、共に夢を描ける仲間に出会うことが出来れば、とても嬉しいです。
私もまだ投資家の卵でしかありませんが、今回は少しだけ私たち夫婦の話をさせて頂きます。

img_02

不動産投資との出会い

私が「不動産投資」に興味を持ち始めたのは、2015年5月のことでした。
先に興味を持ったのは、主人ではなく私のほう。

最初のキッカケは、不動産投資家あるあるで、ベストセラーの名著「金持ち父さん貧乏父さん(ロバート・キヨサキ著)」を読んだこと。

ごくごく普通の会社で働くサラリーウーマンである私。

身近に不動産投資をしている人など1人もおらず、「金持ち父さん」用語でいう「Eクワドラント(employee=従業員)」で働くことが当たり前の毎日の中、不動産投資の世界は、目からうろこでした。

不動産投資とは、私たち人間ではなく「お金に働いてもらう」事業です。

もう少し具体的に言うと、マンションやアパートといった不動産物件を(多くの場合は、銀行からの融資を組んで)購入し、入居者様からの家賃収入で、毎月銀行へ借金を返済します。

その借金を返して、なお手元に残るお金が、不動産投資による収入です。

※説明を簡略化しましたが、正確には税金や物件修繕費など、他にも様々なお金の動きがあります。

「金持ち父さん貧乏父さん」との出会いをキッカケに、元来の読書好きが昂じて、趣味感覚でせっせと不動産投資に関する本を読み漁りました。

結婚が決まり、人生設計をする

そんな最中、当時の彼(現在の主人)からプロポーズされ、結婚が決まるという、人生の一大イベントが起こります。

結婚が決まり、将来の人生設計やマネープランなどを2人で話し合ううちに、不動産投資の世界について私が紹介するタイミングが訪れました。

そこで彼が、思いの外不動産投資に興味を持ってくれて、私たち夫婦の投資家への道のりが始まったのです。

私たち夫婦は、決して飛び抜けたお金持ちでもない、ごく普通のサラリーマン家庭育ちの2人です。

ただ1つ、将来の夢として「3人くらいの子どもとともに、笑顔が絶えない明るい家庭を築きたい。」そんな想いをしっかり共通して持っています。

 

子供の学費が払えない・・・?

もし将来、3人の子どもに恵まれたとします。
その子どもたちが全員、私立大学の理系に進学したいと言ったらどうなるでしょうか。

条件によって変わるので一概に言えませんが、学部4年間だけで500万円前後のお金がかかります。
大学院に進学した場合は更に2年間。

医学部や歯学部の場合は言わずもがな、これとは比べ物にならない莫大な学費がかかります。

仮に、共働き正社員のサラリーマン家庭というスタイルを継続するとしても、現状の私たちの給与や会社の状況を鑑みた時に、これだけの学費を工面するのはかなり厳しいと感じました。

ちなみに、「お金がないから子どもは1人(2人)で諦めよう」というのは、これから始まる結婚生活において、ネガティブワードなので考えません(笑)。
家族は沢山いたほうが、賑やかできっと楽しい!

余談ですが、そんな私のあこがれの家族は、
こちらもロングセラーの名著「7つの習慣」の著者、スティーブン・R・コヴィーさん一家です。

素敵な奥様と9人のお子さんと一緒に素晴らしい家庭を築かれています。

話を戻します。

最も分かりやすいと思い、大学の学費の話で例えましたが、実際の人生設計では子どもの出産費用から、保育園、義務教育期間、習い事や部活など・・・様々な段階におけるお金のことについて試算しました。

なお、その計算の際には、こういったムック本が役立ちました。

サラリーマンとして2人で働き続けても厳しいならば、子どもの学費は奨学金などに頼らざるをえなくなります。
もしかすると、子どもがやりたいといった習い事をさせてあげられないかもしれません。
そんな未来は考えたくないですよね。

家族を支える第三の柱

子どもたちが不自由なく育てるように、
そして勿論、私たち夫婦も人生をより充実したものにするにあたって、

主人・私という二本柱の収入源では先が心配です。

そこで第三の柱として、

家族のマネープランのアシスト、ゆくゆくは大黒柱となる、不動産投資・事業について真剣に学んでいこう!と2015年夏に決心しました。

実際には、他の柱の候補として、株式投資やFXなど、その他の投資方法についても少し齧って勉強しましたが、私には不動産のほうが合っていると思いました。
そのくだりについては、下記の記事で書かせていただいています。

関連記事

そこからは、ファイナンシャルアカデミーで不動産の学校を受講し、
物件現地調査はもちろん、数々の不動産仲介業者様にお会いし、約1年間勉強の日々。

これらをすべて主人と二人三脚でやってこられたのが、私の何よりの幸せです。

そして2016年夏。

遂に、一棟目の新築木造アパートの売買契約を結びました。
はじめに書いたとおり、現在、この物件の融資審査待ちです。

 

私たちはまだ不動産投資家としてのスタートラインにも立っていない卵です。

ですが、これまで地道に学んできたことや、主にファイナンシャルアカデミーを通じて数々の投資家の先輩方と出会ったことには必ず意味がありますし、きっと上手くいくと思って日々進んでいます。

長くなりましたが、お読みくださり、有難う御座いました。

スポンサーリンク

-不動産投資♡

Copyright© ひよこ夫婦 , 2017 AllRights Reserved.