[開発者向け]xserverで運営しているWordPressをgit管理する方法[バージョン管理]

起業|ブログ運営

[開発者向け]xserverで運営しているWordPressをgit管理する方法[バージョン管理]

投稿日:2017年3月26日 更新日:

スポンサーリンク

こんにちは。
「ひよこ夫婦」管理人のひよです。

初めましての方はこちらからどうぞ♪

xserverで運営しているWordPressをgit管理する

このブログはWordPressで運営しています。

WordPressブログを運営している技術者以外、全く興味の沸かない内容になるかと思いますが、自分のメモ程度に残しておきます。

前提

・エンジニア向け(細かい用語や、バージョン管理とは何ぞやといった解説は省きます)
・サーバー環境:xserver(エックスサーバー)、クライアント環境: MacOS Sierra

ちなみに、何故git管理しようと思ったかというと・・・。

このブログのWordpressテーマは「マテリアル」さんを愛用させていただいているのですが、ブログの運営を継続している中で、どうしてもテーマをカスタマイズする必要性が出てきてphpのコードを弄ることに・・・。
流石にphpの変更履歴は残したかったので、Wordpressをバージョン管理(git管理)することにしました。

ブロガーのMacBook Pro選定理由

手順

1.Macクライアントのターミナル(iTerm)から、xserverのサーバにssh接続出来るよう設定。

まずはサーバーパネルから管理画面にログイン。『SSH設定』をクリック→ONに設定。

xserverでは公開鍵を使ったアクセスしかできません。
公開鍵接続の設定の際には、「サーバー上で公開鍵の鍵ペアを生成」もしくは「クライアント上で公開鍵の鍵ペアの生成」のいずれかで鍵を生成します。
どちらでも良いのですが、サーバー上で鍵を作成すると、秘密鍵『サーバーID.key』ファイルをブラウザからダウンロードすることになるので、いささかセキュリティ的に不安があります(野良WiFiで作業してない限り問題ないとは思いますが)。

今回は、クライアント上で公開鍵を作成しました。

クライアント上でssh-keygenして公開鍵と秘密鍵を作成後、
サーバーパネルから『SSH設定』→『公開鍵登録・設定』を開き、公開鍵の内容を貼り付けます。
改行で複数の公開鍵を登録することが可能です。

2.xserverでGitが使えるように設定

・サーバー上でgettext, curl, gitをインストール

・Wordpressのバージョン管理したいディレクトリ以下でgit init
・git ignoreの作成
- ignoreする内容は https://github.com/github/gitignore/blob/master/WordPress.gitignore の内容を参考にさせていただきました。

3.BitBucketで管理できるよう設定

・BitBucketにリポジトリ作成。
GitHubはプライベートリポジトリが有料なので、普段は仕事ではGitHubを使っていますが、今回はBitBucketを利用することにしてみました。使い勝手が良いのかどうかはまだわかりません(笑)。

・サーバー上ででssh鍵作成、BitBucketに登録。
(ssh鍵の登録と「デプロイ鍵の登録」というところがあるので、間違えないように)

・xserverのgitリポジトリでremote originにBitBucketのリポジトリを登録
・xserverのgitリポジトリをBitBucketにpush

以上でBitBucketでxserverのwordpressをバージョン管理出来るようになりました!
[開発者向け]xserverで運営しているWordPressをgit管理する方法[バージョン管理]

キャプチャも何も無い、不親切すぎるメモですみません・・・。
一度手順を終えてしまえば、別のクライアントPCでも1の手順を設定するだけで使えるようになります。

なお、複数人でプロジェクトを触る場合は、xserverのgitリポジトリを各クライアントにgit cloneして開発していくのが良いですね。

89世代のブロガー・Webエンジニア。
ディズニー好き夫婦。
自由なワークライフスタイルを目指して奮闘中。
このブログでは、ディズニー関連の記事や、起業スタイルなどについて書いています。

-起業|ブログ運営 の記事一覧

スポンサーリンク

Copyright© ひよこ夫婦 , 2017 AllRights Reserved.