プロポーズまでのお話

プロポーズ♡婚約指輪♡結婚指輪

プロポーズまでのお話♡2

投稿日:2016年9月12日 更新日:

スポンサーリンク

前回の記事に引き続き、 プロポーズまでのエピソード中編です。

前回の記事: プロポーズまでのお話♡1

男は家庭を持って一人前・・・?!

彼の転職、引越しに伴い、また同じ時を近くで過ごせるようになりました。
それから約1年、日々を過ごす中で、

やはり彼は時折 「結婚したい」と零してくれていました。

私はもともと仕事も好きで、 当時、会社の先輩たちが20代後半~30歳すぎで 結婚している方が多かったこともあり、 まだまだ結婚のイメージは沸かず・・・。
プレ花嫁ライフを満喫している今からすると想像もできない感覚なんですが、本気であまりまだ結婚しようと思ったことがなかったです。

そんなある時、彼に質問してみました。

「なんでそんなに結婚したいの?」と。単刀直入(笑)。

返ってきた答えは少し意外なものでした。

「男っていうのは、結婚して家庭を持って一人前、って思ってるから。」

正直、女の子は、未婚の方がキラキラしてる(ような勝手なイメージが当時あっただけ!)中で、 男の人は逆なのかー!と、目からウロコ。

彼は、あまり自分自身のこだわりが強いタイプではないので、 彼の「こうありたい像」を その時に初めて垣間見た気がして、

そして、

その像から、 家庭を大切にしてくれる未来の素敵な彼が見えた気がして。

真剣に結婚について考え始めることになりました 。

ロマンティックなプロポーズへの憧れ!

とはいえ、 私は夢見がちなタイプなので、 なんとなく「特別なプロポーズ」への憧れが拭いきれず・・・。

ある日、また日常の何気ないタイミングで 「結婚」を零す彼に対して 、一度本気で爆発したことがあります・・・。

「一生に一度の結婚で、一生に一度のプロポーズ、 小さい頃から、なんとなく憧れがあるんだよ。 何度も気軽に言わないで 」

はい。
結婚したいと思ってもらえるだけで幸せなのに、 今思うとつくづくワガママな女です・・・

そんな事件があった数週間後でしょうか。

突然「今度平日のどこかで有給取れる?」と彼から連絡が。

何事かと聞いてみると、 「ディズニーランドに行きたい」と。

その数カ月前に、2人で初めてディズニーシーに行って、 凄く楽しく過ごせたので、 珍しいとは思いつつ素直に有給を取ることに。

ただ、彼は「どこかの水曜日で」と言っているにも関わらず、
私は「翌日仕事だと辛いから金曜日がいい」と、またしても空気を読まないワガママ発言(笑)。

この時点で実は、

「彼にしては珍しいお誘いだし、 ディズニーランドでプロポーズとかあったら良いな~。でも期待して何も無かったら嫌だから、期待しないでおこう・・・」

と思っていたりしました 。

そして1ヶ月ちょっと後の金曜日、初めて2人でディズニーランドに行く日になりました。

運命のディズニーランドへ

朝から普通にアトラクションやパレードを満喫して・・・、

夜ご飯だけは予め、 ディズニーランドホテルのレストランを予約してくれていると聞いていたので、 早めにパークを出て東京ディズニーランドホテルへ 。

正直、この時点で妄想の激しい私は、

「ディズニーランドのどこかでプロポーズ」

or

「サプライズでディズニーランドホテルを取っててくれて、ホテルのお部屋でプロポーズ」
(前述の通り、曜日指定したのが私だった上に、予定が決まったのが1ヶ月ちょっと前だったので、
こちらはまず無いと思ってた妄想)

を期待していたのですが・・・。

日中ランドでは何もなく、ディナーのディズニーランドホテルレストランCANNAへ。

「まあ、何も無かったかー」とちょっとがっかりしつつ、その日のパークでの1日がとても楽しかったので満足して日を終えようという気分でいました。

そもそも彼はサプライズが苦手で、人前で何かするのも得意ではない人なので、一般の人が近くに大勢いるレストランだけは何もないだろうと完全に思い込んでいました。

でも、私の「憧れのプロポーズ」がサプライズで起きた場所は、そこ、ディズニーランドホテルのレストランでした。

またムダに長くなってしまいました。あと1回で終わるので続きます・・・!

続き: プロポーズまでのお話♡3

スポンサーリンク

-プロポーズ♡婚約指輪♡結婚指輪

Copyright© ひよこ夫婦 , 2017 AllRights Reserved.