WDW&DCL|2020フロリダ子連れ旅行記

フロリダ旅行記*2〜2歳子どもと0歳赤ちゃん連れ国際線体験記。ANAのおもちゃ、座席や機内食は?ヒューストンまで12時間のフライト[1日目:子連れWDW&DCL2020]

投稿日:2020年2月19日 更新日:

ご来訪ありがとうございます!^^
ディズニー好きな家族のブログ「ひよこ夫婦」こと兵藤です。

私たちのプロフィールはこちらからどうぞ!

WDW&DCL旅行記

家族4人(夫婦+娘2歳4ヶ月&0歳8ヶ月)で、フロリダの

ウォルトディズニーワールド

ディズニークルーズライン

に行ってきました♪旅行記全体の目次はこちらから。

1日目:成田〜ヒューストンまでANAでフライト!

前回の旅行記はこちら。

前回のブログ
フロリダ旅行記*1〜成田空港からANAでオーランドへ![1日目:0歳2歳子連れWDW&DCL2020]

WDW7泊+DCL7泊の旅程スケジュール 14泊16日のフロリダウォルトディズニーワールド(WDW)&ディズニークルーズライン(DCL)旅行記、本編スタートです! まず最初に、今回の旅程のおさらい。 ...

続きを見る

10:25に搭乗し、10:55予定通り東京・成田空港を出発します。

WDWのあるフロリダ・オーランド空港へは、2020年現在、日本からの直行便がありません。

(お願いだから出来てほしい・・・(;;))

今回は、ヒューストン空港にて乗り継ぎを経て向かいますので、

まずはヒューストンまで12時間ほどのフライトです。

ANAでの0歳赤ちゃん用のバシネット予約・利用方法

今回は、タイミングよく離陸と同時に次女は就寝してくれました。

離陸後まもなく、バシネット設置してもらってすぐ、バシネットでスヤァ。

 

バシネットとは赤ちゃん用の

チャイルドシートならぬ

ベビーベッドのようなもので、前回のアウラニディズニー旅行の際に初めて利用しました。

 

バシネットには体重制限があり、ANAの場合は10kgを超えていると使わせてもらえません。

そのため、体重オーバーしていないか、きちんと体重を測ってから行くことをおすすめします。

(赤ちゃんの体重聞かれます)

バシネットを取り付けられる座席には限りがあるため、予約時にANAに連絡してバシネット用の座席を指定させてもらっていました。

バシネット用の席には、写真のようにバシネットを取り付けるための壁が目の前にあります。

離陸後にCAさんがバシネットを取り付けに来て下さいます。

(奥側の設置をお手伝いする夫)

ANA国際線のバシネットはこんな感じです。

前回のアウラニ(ハワイ)行きでは、もう少し高い位置にバシネットがあったのですが、今回は低めですごく扱いやすかったです。

機体によって違うみたいですね。

ちなみにバシネットには蓋があり、これがシートベルト代わりになります。

赤ちゃんが寝ているときはこれを閉めなければいけないので、事実上、赤ちゃんが起きているときに乗せることはできません。

今回もちゃんと寝てくれていたのは、賞味2,3時間だったかな・・・^^;

他の時間は結局抱っこになります。

離陸まもなく寝てくれていた貴重な写真^^;

どちらにせよ、バシネット利用には予約が必須になりますので、予約時にはこちらの記事をご参照ください!

関連記事
WDW旅行記ブログ/DCL旅行記ブログ
フロリダまでの航空券をANAマイルと現金で取得!大人料金&幼児料金がいくらか公開!

こんにちは。 ブログ「ひよこ夫婦」へご来訪ありがとうございます! 私たちのプロフィールはこちらからどうぞ♪ WDWへの航空券代、いくらかかった!? 2020年1月〜、フロリダのウォルト・ディズニー・ワ ...

続きを見る

ANA機内食は子ども用(チャイルドミール)と赤ちゃん用(ベビーミール)あり!

離陸後落ち着いてすぐにドリンクが提供されました。

ドリンクメニューはこんな感じです。アルコールもあります!

夫はスパークリングワイン、私はかぼすジュース、長女はオレンジジュースをチョイス。

おつまみとしておせんべい系のおかしが出ました。

ちなみに米国へのフライトの場合、

ドリンクや機内食は以下のようなスケジュールで提供されます。

夕食・朝食と2回の機内食と、軽食の計3回の提供です。

子連れ飛行機ではキッズミールだけ先に提供してもらえる

時刻は日本時間で11:55

大人の機内食を同時にだしてもらっても食べられないので

まずはキッズミールだけ先に出してもらいました。

こちらが長女のご飯です!可愛い〜!

これは大人のご飯でも思いましたが、

正直、行きの機内食のほうが美味しいです^^;

 

恐らく食材が出発地調達なので、行きの機内食では国内で馴染みのある素材やお菓子が提供されます。

一方で、帰りの飛行機では見慣れないアメリカ産のものが多数・・・。

今回、子連れ飛行機で最も心配していたのが、やはり2歳長女のご機嫌。

お菓子やパンなどは持ち込み、機内食でもらったお菓子などももりもり食べました。

日本時間12:25、長女のご飯が終わって、大人の機内食。

メニューは以下の2つから選べました。

機内食は一つずつチョイス。

こちらがハッシュドビーフで、

こちらが天玉丼。

付け合せのヘルシーサラダとかすごく美味しかった!

やはり日本はご飯が美味しい・・・。

デザートはハーゲンダッツ。こちらも日本のものです。

長女喜んで食べる\(^o^)/

そして寝ていた次女が起きたあと

13:45にベビーミールを出してもらって機内食で離乳食です。

2歳未満の赤ちゃんに提供されるベビーミール。

アウラニのときもそうでしたが、行きは馴染みの「キユーピー」の離乳食などが入っています。

これを見越して、8ヶ月の次女にはキユーピーの瓶ベビーフードを予め食べさせて、慣らしておきました。

おせんべいなどは、まだ次女には早かったので長女のものに^^;

飛行機で子どもが寝る体勢を取れる便利グッズ!

日本時間14:10、朝も超早起きだった長女がお昼寝時間で就寝。

ご覧ください・・・!

今回の海外旅行にあたって、買って本当に良かったのが、足下用のクッション!

フットレスト

です!(思わず大文字w)

 

子供用の飛行機フットレストとして、有名なのは

「フライトット」や「ジェットキッズ」

だと思います。

 

特にジェットキッズは見た目もすっごく可愛くて、欲しかった・・・のですが、

そもそも今回すっかり買うのを忘れていて、

出発3日前くらいに大慌てでAmazonで1500円くらいの激安フットレストを買ったのですが…、、、

これが、、、

めっちゃ使えました!^^;

もちろんフライトットなどより質は劣るかと思いますが、

無いより断然良い!

エコノミークラスであっても、足元にクッションを置くことで

子どもがベッド感覚にして寝られたのはもちろん、

大人にとってもあったら嬉しいので、次回用に追加購入しようと思ってるくらいです^^;

 

大人が使うとこんな感じ。

ちなみに私は、行きも帰りもむくみ対策で、メディキュット装着してました♪

ANA国際線の機内販売は超お得!空飛ぶ免税店は伊達じゃない!

長女が寝てくれて、機内食も落ち着いたところで

「ANAスカイショップ」国際線版のカタログをチェック・・・

何気なく見たのですが、これが天国!^^;

国際線の機内販売ってめっちゃ充実してますね・・・!

 

機内販売は、空飛ぶ免税店。

魅力は限定品の販売だけでなく、免税のブランド品や化粧品など・・・

免税なだけでなく、そもそも割引(国内販売価格の2〜3割引)の商品多数。

 

ここで、ずっと欲しかったルナソルのアイシャドウが機内販売でお得に変えることを知り、買うかしばし迷い・・・

買いました!\(^o^)/

ルナソルのスキンモデリングアイズ、国内で買うと5500円(税込)するのに・・・!

いつか買いたいと思い、数年越しだったので、思わず。。。

 

合わせて

帰りの便で、普段から私がヘビロテ使いしている、

ポール&ジョーの下地(モイスチュアライジングファンデーションプライマーS01)は買おう!と決心(^0^)

ただでさえ安いのに、ANAカードで決済するとここから更に1割引!やばい!とテンション爆上がり。

この時点で日本時間15時。

ワンピーススタンピード見始めたけれど、結局子どもたちの相手で見終えられませんでした^^;

(12時間もあったのに、行きは1本も映画見切れなかった・・・)

ANA国際線の子ども用おもちゃ

朝も早かったので体力的にそろそろきつく、日本時間15:30ごろから1時間程度仮眠。

その頃にはもう長女が起きて、おやつタイムでポテチやかぼすジュース。

この時間はセルフサービスなので、

自由にドリンクやおかしやバナナをいただくことができます。

余談ですが、行きの飛行機ではCAさんや同じくらいの年のお子さんがいるご家族から立て続けに

ヒューストンにお住まいなんですか?

と聞かれました^^;

小さな子連れで北米に行く人は、旅行よりも住んでいる人が多いからかな?と思います。

むしろ私も夫も、留学経験すらない純ジャパニーズ・・・^^;

 

長女はエレナやスティッチを見るものの、あまり集中力は続かず、

ANAのおもちゃをいただけたのがすごく助かりました。

2020年時点で、ANAオリジナルのおもちゃはトランプ、おりがみセット、飛行機型の風船などがありました。

特に長女がお気に入りになったのは、このシールブック!

2歳長女、シールブック大好きなので、ドハマリしてました!

ただこのシールブック、在庫限りだったようで帰りのANAでは無かったです(;;)残念。。。

後半はおりがみセットでも遊んでました^^

長女が少しでもテレビを見てくれている間には、親も映画類を見ることが許されました・・・^^;

「有吉の夏休みinハワイ」を見て(ハワイに行くわけではないけど)リゾート気分を高める。

機内食の合間に出てくる軽食

日本時間17:35ごろ、軽食配布!お惣菜パンです。

チャイルドミールとしても可愛いハートのサンドイッチをいただきました。

ベビーミールはないとのことで、バナナ支給。

長女はディズニー好きなので、

「ミッキーマウスクラブハウス」をなんとか40分以上見ててくれた時が一番休めたかな・・・という気持ち^^;

その間も次女が眠そう不機嫌で、夫に抱っこ紐して少し立ってもらったり、私と交代したり。

ちなみに、機内でも勿論オムツ替えが必要なので、何度か変えに行きました。

長いフライトなので、すっかりCAさんにも覚えていただき、

オムツ替えの際などはトイレの扉を開けてもらうなど、大変お世話になりました!

2回目の機内食は朝食メニュー

日本時間20:05、到着予定の約2時間前に、

2回目の機内食です。

この時点で搭乗してから10時間ほど経過してます!

 

今回もチャイルドミールだけ先に出してもらい、大人の機内食は私たちは飛ばしていただいて、あとからいただきました。

キッシュが美味しそう♪

しかし長女はおかしなども食べていたのであまり食べず^^;私たちが主に美味しくいただきました・・・。

次女も起きていたので、同時にベビーミールで離乳食。

安心のキューピーフルーツ瓶。ホットミールもどうかな〜と思いつつ、美味しそうに食べてくれて安心!

ただ8ヶ月の次女には圧倒的に量が多いので、一部頂くのみに。

大人の機内食2回目のメニューはこんな感じで、朝食っぽいです♪

こちらがパンケーキ。

こちらが紅鮭の彩りごはん。

やっぱり行きの機内食は美味しかったです!

ドリンクは子供用にふた&ストロー付きで出して頂けるのが本当にありがたい!

そして約12時間のフライトを終えて、日本時間22:30ごろ、

そして現地ヒューストン時間、出発した日の午前7:50!

(時間が巻き戻った〜!)

無事にヒューストン国際空港に着陸しました♪

2歳&0歳子連れの長距離国際線フライトを終えて・・・

正直、今回の旅行で一番心配だったのは、この長距離フライトでした。

大人だけならば

「寝て過ごせばいいよね」

「映画見てればいいよね」

で終わるフライトも、子連れ・赤ちゃん連れだとそうもいきません。

子連れフライトを楽しく乗り切る秘訣は、

  • フットレストなど便利グッズを最低限揃えること
    (今回、子ども用にイヤホンやアイマスクがあっても良かったなあと思いました。小学生くらいならネックピローなども)
  • ご機嫌ななめなときは、抱っこひもで立ったりできるようにすること
  • おもちゃなどを活用させてもらうこと
  • 何よりも夫婦で協力し合うこと!

だと思います!

オムツ替えや、立ってあやすなども一人で行わずに、夫婦交代で行うなど、協力しあって

親自身がストレスを感じずにご機嫌に過ごすこと

が、子供の笑顔にも繋がると思います^^

 

なにはともあれ、長いフライトを乗り切った子どもたちに感謝!です^^

 

次の旅行記では、ヒューストン空港での乗り継ぎからレポートします!続きます^^

次のブログ
フロリダ旅行記*3〜ヒューストン乗り継ぎ徹底解説!(写真50枚以上)入国審査、荷物引き取り、ターミナル移動方法[1日目:2歳0歳子連れWDW&DCL2020]

ヒューストン国際空港での乗り継ぎ方法 ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)のあるフロリダ・オーランドに向けて 成田空港からANAでの12時間のフライトが終わり、 今回のトランジット空港である、ヒュ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

ひよこ夫婦

ひよこ夫婦こと兵藤です。 ディズニーが好きな夫婦と娘2人の4人家族。 海外ディズニー旅行記や東京ディズニーリゾートレポを中心に更新しています^^

-WDW&DCL|2020フロリダ子連れ旅行記 の記事一覧

Copyright© ひよこ夫婦 , 2020 All Rights Reserved.